痛風は時代の変化と共に現代病へと進化~悪い所はないかいえ~

女性

痛風の治療方法

男性

痛風の治療は主に服薬治療ですが、生活習慣や食生活の見直しも行う必要があります。プリン体を多く含んだ食品や飲料の摂取を控え、野菜を中心とした食生活を心がけることが求められます。

身近に潜む病気の一つ

つらい痛みを伴う痛風を改善したい方はコチラに役立つ情報やおすすめのサプリが紹介されてますよ。必見です。

免疫治療を受けて、がんを予防しませんか?こちらのクリニックはがんのスペシャリストが対応してくれます。

サプリメント

現代人は様々な病気と隣合わせの生活をおくっています。生活習慣の乱れや食生活の偏りは、予想もしていない病気を発症してしまう可能性を知らずに高めてしまっているのです。生活習慣と密接に関わっている病気の一つに痛風と呼ばれる病気があります。プリン体を多く含む食品や飲料を過剰に摂取することで血中に存在している尿酸の値を増やし、溶けきれない尿酸が結晶化して痛風の症状を引き起こしてしまうのです。主に症状が出る場所は足の親指に付け根部とされ、関節が腫れてしまうという特徴を持っています。風があたるだけでも酷い痛みを引き起こすとされていることから「痛風」という名前が付いたのです。痛風患者が日本で増加してしまった背景には食の欧米化が挙げられます。ヨーロッパなどでは古くから発見されていた症例なのですが、日本で広まったのは明治以降だという記述が残されています。今までの野菜中心の生活から、一気に動物性タンパク質や脂質を摂取することが多くなり、急激な食の変容が新たな病気を身近なものと変えてしまったのです。

痛風は早期に服薬治療を行うことで改善することができます。しかし、痛風の痛みにはサイクルがあり、ずっと痛い状態が継続しているわけではないため症状を軽く捉えてしまう人も少なくはないのです。痛風によって引き起こされる急性関節炎を放っておいてしまうと、血中の尿酸が溶解限度を超えてしまい結晶化してしまいます。結晶化した尿酸は関節部分に溜まりコブのように段々と肥大してしまうのです。肥大した結晶は痛風結節と呼ばれており、痛みが無いというのが一番の特徴だと言えるでしょう。痛みが無いことでこれを放置してしまう人も多いのですが、コブは痛風の症状の最終警告です。皮膚を突き破るほど大きくなってしまったり、内部で壊れてしまうと感染症を誘発してしまう可能性があるのです。内科的な治療で改善ができる範囲を超えてしまうと手術をしなくてはならないため、定期的に血液検査をして早期発見に努めることが大切です。

悪化すれば手術になるかも

薬

尿酸が結晶化することで関節部に溜まり、コブ状に膨れ上がることがあります。痛風結節と呼ばれるこの症状は、早期ならば服薬治療で改善することができますが、悪化してしまうと手術を必要とする場合もあります。

風の力でも痛む病気

医者

痛風患者はとても多く、女性に比べ男性が多いという結果が出ています。生活習慣や食生活に大きく関係しているとされており、飲み会が多い40代以上の人が症状が出やすいと考えられています。